スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心地よいピアノトリオのグルーブとハイテクニックなキーボードワークから溢れ出る豊かな感情の融合
 10月14日、千歳鶴酒ミュージアム(札幌)で開催されたジャズライブへ行ってきました。同じ札幌でご活躍されている粟井和香子トリオの演奏です。会場の千歳鶴酒ミュージアムはお酒を飲みながらライブが楽しめる粋な空間です。で、演奏の印象を一言で言うと「かっこいい!」
金曜の夜、なんとも気持ちのいい時間を過ごすことが出来ました。

20051018173341.jpg


 実は先日、粟井和香子さんとお話する機会がありました。私も長年音楽が好きでしたから、多くの音楽に関わる人との出会いがありましたが、これほど音楽に情熱を注いでいる方とあまり接した記憶がありません。この域に達した(達人か?)人と関わり合いを持つことで、自分にも大いに刺激になりました。おかげで普段は物の下敷きになって姿を見せないシンセサイザーYAMAHA SY-99が今はきれいな状態になっています。実は私の持っていた昔の夢は、思い通りにkeyboardプレイができる力をつけて、自分でたくさんの音楽をコンポーズして世に出すことだったのです。

 ところで粟井和香子さん、たいへん極北にたいして憧れの念を抱いていて、星野道夫氏の世界にも関心をお持ちでした。オリジナルの楽曲に「Longing for chilly nights」というソロピアノのナンバーがあります。オーロラの舞台にぴったり!ですね。

20051018173105.jpg

 来年2月に札幌の珈琲淹 FEFINEDさんで私のスライドショーを行いますが、このときは粟井和香子さんの即興演奏とのコラボレーションが実現しそうです。プロミュージシャンが私のスライドショーにアドリブで参加してくれるとは・・・24年前に池袋のジャズ喫茶でKeith Jarrettの「ケルンコンサート」ですっかりこの世界に入り込んでいる私にとっては、大変感慨深いイベントになりそうです。そして夢は膨らんでいく・・・

粟井和香子さんのサイトです。
アートA.ハモンド音楽院 
http://www.art-a.net/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。