スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アラスカをあとに、カナダへ戻ろう 9月30日(金)、旅の14日目
 目が覚めると車にも雪が積もって、外は真っ白になっていた。朝食はさんまの蒲焼きで、日本を懐かしむ。フェアバンクスでいくつかの用事をすまし、夕方からカナダへ向かって飛ばす。以前、グランドキャニオンで深夜パトカーに御用になった貴重な経験がものを言って慎重に爆走する。遥かカナダ方向に久々に青空が見え、気分が少し明るくなった。今回、アラスカは来るんじゃなかったかな?

 フェアバンクスからカナダに向かってアラスカハイウェイを東に進むが、小さな村がいくつかあるだけで、すれ違う車もだんだん少なくなっていく。それも当然だ。こんなに寒い山の中で生きていくとすればガソリン売るか狩猟生活しかないだろう。

すっかり暗くなってCanada Borderに入る。アメリカのmile表示からkmに切り替わるが、カナダはなにかと安心感がある。気質的にはカナダ人はアメリカ人と日本人の中間にあると感じる。

 深夜になってやっとふるさと(Lake Kluane)に戻る。薄曇りの上に穏やかなオーロラが揺れている。撮影を試みるが絵になりそうもない。


またしても事態は好転しなかった。心身ともに限界に近くなってきた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。