スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
街に戻り、情報収集を・・・あ~ショック! 9月21日(水)、旅の5日目
 Whitehorseに戻り、Visitor Informationにて天気を調べる。ユーコン一帯は晴れる気配はなし。ではアラスカは?フェアバンクスは一週間雨!、北極海は毎日雪!!すっかり途方に暮れる。・・・気を取り直してインターネットカフェにこもる。日本と通信してみよう。

・・・オーロラ博士の上出洋介先生から貴重な情報をいただきました。

この1日は、1年に数回あるかないかという「静かさ」です。太陽風が死んだように静かです(この状態はそう何日も続くものではありません)。しかし、20日までは、「そこそこの」オーロラが出ていたようです。11日から1週間は、そのあたり(カナダとアラスカの境界付近)は、狂わんばかりのオーロラに見舞われました。天気も良かったという報告が入っています。好転することを祈っております。

・・・やはり「運」に任せるしかないようである。では、食料を供給してまた旅に出るか・・・
 Whitehorseから車で2時間半、再びLake Kluaneの湖畔へ戻る。すでにあたりは暗くなっていたが、肝心の空は意外にも雲が途切れてきた。とても静かな星空な訳は、科学的に言うなら1年に数回あるかないか、太陽風が死んだように静かという、絶妙なタイミングに自分が来てしまったからだ。・・・今か今かと待っていた昨夜までとは違い、今夜は妙に落ち着いた気持ちで空を見上げることができた。月明かりに映された山や湖面が美しい。

 ・・・日常生活は、あまりの忙しさに流されてしまい、物事を冷静に考えて行動できていないのかもしれない。こうやってたまに日常生活から離れて、自分の存在を客観視する。・・・自分が今ここでやっていることは、宇宙や地球のご機嫌がいいときに見せてくれる微笑んだ姿を、自分が探し当てた景色の中に自分のフィルターを通して描くことである。限られた滞在で、入念な撮影場所探しと、いつ訪れるかわからないチャンスをじっと待つことである。

・ ・・いつしか定位置(この場所からは北東の空)に緑のアーチがぼんやり浮んできたが、撮影するには及ばなかった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。