スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰途についたのだが、空港が大混乱  Whitehorse → 日本へ 9月17日~18日
カナダ・ユーコン準州、州都Whitehorse空港に到着した時には、
この取材中で最大級の見事なオーロラの舞いが見られた。

正直言ってかなり悔しい。しかもどういうわけか「毎度」このパターンである。
もう帰るよ・・と言う時になって初めておいしい獲物が顔をだすのだ。

普段の行いが影響しているのだろうか。


Whitehorse空港のセキュリティーゲートをくぐった時はすでに他の乗客ぼ乗り終えていたようで、締め切り時間を過ぎていた。
ギリギリに滑り込んだ感じであるが、乗ってしまえば安心である。
「これで帰れる」


朝焼けに色づいたロッキーの峰々はうっとりするほど美しい。
しかし、ここでカメラをとり出して撮影する元気はなくなっていた。

しばらくの間、ちゃんと寝ていないような気がした。バンクーバーまで、2時間でも休もう。

・・・

バンクーバー空港に到着。しかい乗務員は飛行機から乗客を降ろそうとしない。
空港が「ラッシュ」と説明しているが、私には状況がよくわからない。
1時間以上も機内で待たされた。


ここバンクーバーから成田へ国際線につながなくてはならないが、まだ3時間ほどあったので気には留めなかった。

空港に入る。
いまこの空港は大掛かりな改装中でただでさえ混乱気味ではあるが、どうも様子が変である。

国内線から国際線に乗り継ぐ場合は普通ゲート内を移動するだけですむのだが、
その「行きたい道」に進むことが出来ない!
そこはゲートが閉じられていて、係員が立っていた。

訪ねると、「セキュリティーがダウンしている・・・」
「・・・?」

いやな予感である。
とにかく行きたい方向に行けない以上、一度連絡エリアから出て、再度セキュリティーを通過しなくては日本に帰れない。

工事中の空港内を大回りして、セキュリティーゲートに向かうが、ますますいやな予感である。
ゲートは固く閉ざされ、そのゲートの前から長蛇の列を形成しているのだ!
しかも自分の乗るフライトの遅れを示す「Delayed」が表示されないのである!!
さらに状況を説明する場内のアナウンスが一切ないのである!!!

セキュリティーはなにをやっているのか?
いったい長蛇の列の最後尾はどこにあるのか?
これほどの大衆が皆セキュリティーチェックを受けるのか?
いったいいつになったらセキュリティーが動き出すのか?
本当に飛行機に乗れるのだろうか?
仕事はもうこれ以上休めないし、途方にくれてしまう。

他の日本人乗客を片っ端から捕まえて情報を収集する。
どうもセキュリティーで不審物が見つかり、それでストップしているようである。
また日本人のツアー添乗員を捕まえて訪ねるが、彼らにもフライトに関しての情報が伝えられていない状況。

20061109091805.jpg
セキュリティーゲートは見えるところにはない。不審物ひとつで先進国の大空港がいとも簡単に混乱を起こすのだ。


まあ、乗客が全員乗るまで飛行機は飛ばないだろうと言い聞かし、長蛇の列で耐えることにする。


2時間も並んだろうか、ついに長蛇が動き出した。
しかし相変わらずフライトの情報は知らされず、航空会社の対応に憤りすら覚える。 
定刻に飛ばすとは到底思えないが・・・

結局セキュリティーチェックを受けたのはほぼフライト定刻時間。
しかもこの時になって私の便の「最終案内」を繰り返しアナウンスしているではないか!

大きな空港ではセキュリティーから搭乗ゲートまでかなりの距離を歩く場合がある。
カメラ機材満載のバックやパソコンバックも持っているので、この時点ではもう急ごうと思っても体がついてこない。

結局へとへとになって機材に乗り込むが、案の定、遅れる乗客が多くてしばらく待たされる・・・

踏んだり蹴ったりといった感じである。

ビールでも飲んで爆睡しようか・・・・

・・・・

そうだ、成田から札幌へつなぐ便は乗れるだろうか・・・・



いつもながら効率の悪い取材を繰り返してしまった。

札幌に帰って来てしばらくして、帰ってきたままのスーツケースを開けて探し物をした。
「あれ?」
調理に使う大事なストーブ(MSR製 2万5千円もする)を入れていたケースだけがあった。
「中身が無い!?」

ガソリンを使う調理用ストーブで、もちろんガソリンはきれいに抜き取ってスーツケースに入れたはず。空港のセキュリティーがガソリンの臭いがしたために没収したのだろうか。


結局、9・11テロが端を発し、飛行機に乗ることがこんなにも不便になってしまっている。
私が生きている間は改善されることはないだろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。