スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キムタクの隣で!
2004年9月発刊。
2年経ちました。

がんばれ!AURORA DANCE!!

061128_kinokuniya.jpg


札幌で一番大きな書店で。 キムタクに負けるな!

中垣哲也ウェブサイト
スポンサーサイト
札幌市民大学講演準備のために少しお休みします。
12月4日(月)、札幌市民大学で講演を行います。

ラブフルートの小野昭一さんとのコラボもあり、とても充実した時間になりそうです。

ただいまその準備のためにブログ更新ができない状態に陥っています。

大変申し訳ありませんが、少しの間お休みします。
あしからず。

  中垣 哲也

中垣哲也ウェブサイト
月夜のドライブ・・・その続き
↓(前回)の写真と同じ時に、同じ場所で撮った写真です。

Shikotsuko2.jpg

湖畔の明かりは有名な(?)丸駒温泉です。
湖畔にある露天風呂が有名です。

さて、本日11月23日、札幌はまっ白になりました。
まだまだ根雪にはなりませんが、長くつらい雪との戦いが始まります。
(雪が積もると除雪が大変なのです。しかも毎日のように降りますので・・・)

中垣哲也ウェブサイト
月夜のドライブ・・・その目的は?
写した写真をすぐに使わなくては時季外れになってしまいますね。
北海道は一夜にして季節感が進むことがあります。

今朝、外の景色は白くなっていました。
まだ根雪になることはないものの、もう長い北海道の冬が始まったようです。


10月29日、このころ北海道は好天が続いていました。
札幌から車で1時間足らずで行ける支笏湖ではしっかりと天の川(銀河)を確認することができます。
空が澄んでいたせいもあり、月明かりがけっこうあったにも関わらず、天の川もよく見えました。

Shikotsuko-1.jpg

実は晩秋の雰囲気+天の川=を狙ってある場所に向かったのですが、目的の場所は通行止めで入れず、
仕方なく一般車の往来の激しい道路の傍らで撮影・・・なんか、やる気になりませんでした。

まあ、行こうとしてた場所の近くに廃屋があって、そこは心霊スポットでも知られています。
行けなくて内心安心してた感じもありますが・・・

中垣哲也ウェブサイト
札幌自慢 - モエレ沼公園 - 「公園全体が一つの彫刻」
札幌自慢と言えば、音楽好きな私としては真っ先にコンサートホール「Kitara」を思い浮かべるのですが、
実はとんでもないスケールの彫刻芸術があります。

場所はのどかな札幌の北東の外れ(地域住民の皆さん、ごめんなさい)。
かつてゴミ処理場として270万トンの廃棄物を埋め立てた場所が、あの世界の彫刻家イサム・ノグチのアイディアにより、
189haという広大な敷地が一つの彫刻とみなした公園に生まれ変わりました。

今年の7月、私とピアニストのShinoさんと行ったイベントも、
実はこのモエレ沼公園の一つのモニュメント「ガラスのピラミッド」で行われました。
私自身、この空間を大変気に入りまして、今後自分のイベントを開催するスペースとして利用していきたいと考えています。

       20061109133944.jpg
         7月17日海の日に行われたShinoさんとのコラボレーション  Photo by bari


それから何度かこの公園を訪れる機会がありましたが、噴水の迫力と芸の細かさは特筆ものです!
特にナイトバージョンは照明が映えてうっとりものです。
(ただし年内の噴水のパフォーマンスは終了、来年の4月29日からスタート予定)

     20061109123930.jpg


札幌に訪れた際には、ぜひ広大な北の大地に刻まれた彫刻家の夢「モエレ沼公園」を感じてみてください。

http://www.sapporo-park.or.jp/moere/

中垣哲也ウェブサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。